ストーリー
新必殺仕事人

#1 #2 #3 #4 #5 #6
#7~#12 #13~#18
#19~#24 #25~#30
#31~#36 #37~#42
#43~#48 #49~#54
#55

第1話
 主水腹が出る
三年ぶりに江戸へ舞い戻った加代は、主水や秀と再会。しかし二人はすでに裏稼業から足を洗い、平穏な日々を送っていた。そんな中、加代は三味線の張替え業を営む女・おりくを目撃。その異様な凄味に惹かれた加代は、単身でおりくの身辺を探ろうとするが……。
━━━━━━━━━━━━━
第2話
 主水気分滅入る
ある夜、おりくと勇次は深手を負った女を発見。その女・おしげは、富沢町の古着屋・庄兵衛への恨みの言葉を遺して息絶え、勇次は庄兵衛の身辺を探ることに。一方主水は、江戸一番の呉服問屋・越後屋に頼まれ、彼の娘・おみつの駆け落ちを阻止しようとする。
━━━━━━━━━━━━━
第3話
 主水子守する
ある夜主水は、押込み強盗一味の女・お房を捕えた。お房は身篭っており、一切口を割らぬまま牢内で出産したが、その後赤子を抱いて脱獄してしまう。躍起になってお房の行方を追う、主水ら町方たち。その頃彼女は、偶然おりくと勇次の家に逃げ込み匿われていた。
━━━━━━━━━━━━━
第4話
 主水寝言に奮う
勇次に頼まれ、桶職人の定吉とおしんの祝言に出席することになった主水。ところがその祝言にやくざの親分・留五郎が子分たちと共に乗り込み、難癖を付けて来た。おしんの兄・常松は留五郎の子分であったが、弟分の定吉に足を洗わせてこの祝言を開いていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━
第5話
 主水アルバイトする
日本橋の小間物総本家・葉村屋の入り婿候補が相次いで死体で発見されたが、町方は大店に気後れしての自殺と判断。が、これを聞いて秀の様子が一変する。彼は、以前葉村屋の一人娘・お志乃の婿にと望まれていたが、その話を袖にして裏稼業に戻っていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━
第6話
 主水喧嘩の仲裁する
心中の生き残り・お染は、御定法通り吉原へ下げ渡されたが、部屋に閉じこもって客を取ろうとせず、楼主の彦兵衛を困らせていた。ところが田舎侍・高月一之進を見かけた彼女は、突然彼を客に選んで周囲を驚かせた。高月は、彼女の心中相手に瓜二つだったのだ。
上へ

#1 #2 #3 #4 #5 #6
#7~#12 #13~#18
#19~#24 #25~#30
#31~#36 #37~#42
#43~#48 #49~#54
#55

TOP > 映画・ドラマ > 新必殺仕事人

(C)ABC/松竹
(C)Video Market Corporation